So-net無料ブログ作成
検索選択
福祉の制度 ブログトップ
前の5件 | -

東京都障害者総合スポーツセンターに行ってきた! [福祉の制度]

昨日は、建国記念の日のためデイサービスがおやすみだった。それで、妻にお願いして北区にある東京都障害者総合スポーツセンターに行ってきた。
施設に立派な、(屋内)25mプールがあるのだけは、見て知っていたのだ。使ったことはなかったけど。
利用登録は、障害者の提示が必要だが、 利用者1名につき介護者1名まで、無料で利用できるので、たとえば妻は僕をプールまで運んだら、しばらく自分で泳ぐ時間もとれることだろう、などとあまり迷惑にならない方法をあらかじめ考えておいた。ただでさえ、僕の介護のため北区の障害者スポーツセンターまで移動させるのも、楽なことではない。多少のメリットくらいは考えておきたい。
だが、現実は違った。実際にプールに入って驚いた。まずは水中歩行から。膝から下の筋肉がもの凄く落ちていた。その為右膝より下の部分が水圧に負けている。そして、思うように足が前に出ない。
その後浮輪に入って、バタ足の練習をした。バタ足も、ゆっくりでも「バtバタ」足を大きく打つことができない。漂うだけである。
そんな具合いだから、妻は自分の泳ぎを愉しむこともなく、溺れそうな僕の面倒見に終始した。
時間にしておよそ1時間半、距離にして500mの練習が終わった。
ゆっくりでも泳げるかと思っていたが、とんでもなかった。

今回、プールに行ってわかったのは、筋力がいかに衰えているかだ。体の弱り具合がわかる。体重が10kg以上減っているのだ。いいはずがない。
脚力の衰え具合がわかっただけ、よかったと思う。
足が非常に衰えた僕のせいで、妻には迷惑をかけてしまったのは、申し訳なく思うが。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

2015年、初めての医科歯科大受診 [福祉の制度]

  今年から、難病の医療費助成制度が変わったので一昨日・水曜日(1月28日)は、提出するべき書類が多くて大変だった。
 まず、身体障害者1級の手帳の申請のための診断書と医師の意見書をお願いした。はじめは、障害年金1級 を申請しようと思っていたが、座位の安定した保持が難しくなってきているので、いっそ、1級の手帳を取得しようということになっていたのだ。
  I医師がこの1月から異動になり、診察より研究へ重きを置いた職務になり、診察にあまり時間がとれなくなってきたので、診察は2か月に1度になるとのことだ。次回3月はすでに予約済みなので、その次から予約を入れた。次の次は5月の予約になった。診察間隔が伸びたのは残念だが、I医師の研究の結果としての治験を待つことができる。

   そして医療費助成制度が変わったので難病医療券も変わった。大きさも倍以上になって携帯に不便だ。今度の医療券は、1か月の個人負担額限度額が2,500円となっている。生活保護をのぞく最低所得者である。
  去年の「自己負担額=なし」より、今年の収入は減っているのに自己負担額は増えている。(「自己負担額=なし」というのは、生活保護受給者のみだ。)自己負担がある人は医療券とともに配布された自己負担額管理票を使って管理しなければならない。この管理票は、医療機関ごとの自己負担額と、月ごとの累積自己負担額を記入するようになっている。
   医科歯科大の場合、会計が終わった後、別の窓口で記入してもらうのだ。会計では2,500円の自己負担額分も、重度障害者受給者証(マル障)が適用になって実際の自己負担はなかった。
結果として、新しい制度は事務手続きばかり、複雑そうだ。現場は混乱していて、時間ばかりかかってしまう。

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

国立新美術館 [福祉の制度]

土曜日、たまたま車(レンタカー)で出かけた。返却の時間までまだ間があったので、六本木の国立新美術館に行った。ちなみにその日はチューリヒ美術館展や二科展をやっていた。
この美術館は、障害者に優しいのだ。
まず、アクセス。一般の駐車場はなく公共の交通機関が推奨されるのだが、障害者手帳を提示すると障害者用駐車場(無料)へ案内してもらえる。必要なら、車椅子も貸してもらえる。それで、入場はスムーズだ。そして、企画展は障害者本人と介助者の二人分が無料になる。今の企画展は「チューリヒ美術館展」(当日大人1,600円)だ。ま、感想といえば「よく、これだけ集めたな」と言ったところだ。たくさん集めたけれど、その中にテーマとかそうものが感じられない。ちょっと、残念だ。絵を観たあとは、上の階のカフェでケーキセットを。写真1.JPG

こういふうに、手帳を見せるだけで、福祉のサービスが簡単に受けられると、介助してもらっている身としては、精神的にも、利用しやすい。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

障害年金が減額 [福祉の制度]

先日、年金機構から、生計維持の確認通知が来た。わが家では、「生きてます通知」と言っているが、年金対象者が生きていれば年金が支払われるわけだで、もちろん生きているので、そう返信しておいた。
それで今日通帳を記帳して来たのだが、12月の振込分から額が減っていた。およそ1%程度減っているのだ。調べて見ると今回1%減額されるほか、2014年4月に1%、15年4月に0・5%引き下げられるようだ。まだ減るのかぁ。年金額は本来物価に併せて変動するようになっていたが、ここ数年物価が下がったにもかかわらず支給額は減らなかったため、現在の支給額が本来の水準よりも高いからだそうだ。
ならば、アベノミクスで物価だけ上がったら、きちんと増額していただけるのだろうか。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

介護保険の担当者会議 [福祉の制度]

今日(金曜日)は、4月からの介護の計画を立てるために、うちでケアマネさんと、介護用品レンタルをしているフランスベッドの担当者さん、そして訪問リハビリの直前の時間と言うことでリハビリのPTさんもアドバイザーとして参加してくれた(正確に言うと、訪問リハビリは(都)の難病医療券:医療保険だが)。

要介護度が1→2になったので、足こぎ車椅子を試してみたい旨を伝えておいたので資料を持ってきてくれたが、まず問題があった。家のマンションは古くてエレベーターの箱が小さくて積み込めるかビミョーなところなのだ。カタログサイズだけではよくわからないので、実物をお試しレンタルさせてくれるか問い合わせてもらうことにした。この機種に関してはフランスベッドがレンタルの扱いを止めてしまったので別の会社に問い合わせてもらをなければならなかった。
あと、フランスベッドさんには、玄関に設置する突っ張り棒の位置の相談もした。
位置決めのために、フランスベッドさんが月曜日にサンプルを持って来てくれることになった。
足こぎ車椅子は、テレビで紹介されてから問い合わせが殺到しているので、お試しは1日しかできないそうだ。こちらは、お試しの貸し出しは3月に入ってからになってしまうようだ。そのときリハビリの時間に合わせてPTさんにも見てもらうように調整しよう。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 福祉の制度 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。