So-net無料ブログ作成

やっぱり、ダメなのか!? [脊髄小脳変性症]

テルネリンの効き目を実感して、土曜日のスポーツクラブの帰りに薬切れを体験したので、対策万全、朝夕各1錠飲んで、さらにお出かけ前に晩ごはん&薬で、ヨガに出かけた。
行きの道はさぞや楽になっているだろうと思ったのだが、そうでもなく、苦労してたどり着いた。
ヨガはいつも通りの出来だった。そのあとプールで80mだけ歩いてジャグジーに入って、おしまい。
ところが、たったそれだけで、しかも薬も飲んでいるのに、帰りはまともに歩けなかった。手を引いてくれる妻は「腕を引っ張るから、肩が抜けそうに痛い!」と辛そうにしているし…。

もう、歩けないのかなぁ。ただ、うちのマンションの構造上、車椅子にすると行動範囲が極端に狭まってしまう。うちのマンションは出口が2つあるのだが、一方は坂道に面しているし、エレベータを乗り継いで出られるもう一方の出口は、片方が川沿いの緑道になっているのだが、自転車除けのために柵が付いていて、車椅子は入れない。こちらの出口から、駅まで行くのには、大きな幹線道路を渡らなければならない。
うちは車もないので、病院に行くのもそう簡単ではない。

いろいろ、悩ましい…。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

コタロー

テルネリン・・・結構強い薬ですよね。
あせる気持は良く理解出来ますが、あせり過ぎは、禁物ですよ。
奥さんと歩く時も、手で引っ張ってもらうのでは、お互い疲れるので
腰(ズボンの腰のベルト通しを持ってもらう)を安定させてもらうだけでも
歩行は安定するのですが・・・

人って自分が不自由になって見えてくる物がありますよね~。
僕は、リハビリはしていますが、頑張り過ぎない様にしています。
頑張ると、絶対にその反動がきますから・・・
by コタロー (2008-07-30 15:36) 

たけ

コタローさん
ありがとうございます。

焦りは禁物というのも、頑張りすぎないでというのも、頭の中ではわかっているつもりなのですが…。ただ僕は自分に甘いから、頑張りすぎないと、頑張らない分、どんどん弱っていくように思えるんですよね。だけど、身体が弱ってしまって思うように頑張れない…。

少し、こうして立ち止まってみることも、必要なのかもしれないですね。
by たけ (2008-07-30 20:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。